都心からの日帰り旅行先として日の出町もおすすめ

都市の人達には青梅・あきる野・八王子の人気が高い

世界的な大都市である東京の都心部には緑豊かな場所がほとんどありません。そのため、都心在住者の中には、休みの日に日帰りで東京の多摩地域へ遊びに行く人が昔からたくさんいます。その中では電車が通っている青梅市(+奥多摩町)・あきる野市・八王子市に人気が集中しており、青梅とあきる野の中間に位置する日の出町はあまり人気がありません。しかし、この町にも魅力的な場所がいくつもありますので、混んでいる場所が嫌なら穴場である日の出町へ遊びに行くのもおすすめです。

日の出町へのアクセス方法

日の出町には電車の駅がありませんが、決して交通の便が悪いわけではありません。日の出町の南隣に位置するあきる野市の北部をJR五日市線が通っていますので、五日市線を利用すると日の出町に意外とすぐアクセスする事が出来ます。さらに近年、圏央道の日の出ICができたため、埼玉や山梨からでも短時間で到着する地域になりました。そんな状況もあって、この町の観光需要は年々上昇している状況です。

日の出町の中の名所情報

日の出町は1980年代に全国的な知名度を誇る場所となりました。なぜかというと、当時の日本の総理はこの地域に別荘を所有しており、アメリカの大統領を招いて、のどかな環境の中で日米首脳会談を行った事があるからです。その総理大臣はその後、自分の所有していた別荘を手放して今は「日の出山荘」として一般公開されており、町の大きな観光資源となっています。その他、西端には町名の由来となっている日の出山という標高約900mの山があり、山頂からは360度パノラマの絶景を楽しむ事が可能です。

フラマイレーツを探す

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です